ハイゼットカーゴのエンジン壊す

ダイハツおなじみのVVTのカムスプロケット周りの交換で終わるだろうと
高をくくっておりましたらエンジン壊れてました・・・

結論から言いますと敗因は「経年劣化の金属疲労&エンジン回しすぎ」です。
まぁ、自爆なんですけど。
こういった破損はEFエンジンでは珍しいらしく、よっぽど運が悪かったという事みたいです。(T社長談)

おなじみ29万Kmの我ハイゼットのエンジンですが、分解すると超絶キレイでした!
歴代しっかりオイルメンテされていたことが分かります。
新車からの整備記録がすべて残っており重大な部品はすべて交換されたあったことは把握しておりました。
が、
今回の破損は私もT社長も「完全に想定外」だったのです。

では細かく検証していきましょう。


腰上はこのような感じです。


ピストンは割れてなかったので一応無事と判断し腰下はそのまま再使用します。
腰上を丸ごと交換いたします。
しかしリビルトとか予算の関係上絶対無理なので安い中古部品を捜索しながらの作業です。
部品が集まるまでもう少しかかりますので修理が進み次第、続報の動画をUP致します。