Ryzen5 3600&Mini-ITXで動画編集機を自作

我が家の動画編集機も10年選手
地デジに移行する時期にHDの編集が出来なきゃってことで購入したのですが
時は「令和」来年には東京オリンピックも開催される今年
すでに映像のフォーマットは4Kという規格が登場しております。

ソフトはAdobeのプレミアPROを使用していて
無理すれば編集作業可能なのですがFULLHDの60Pで50MBの動画を快適に編集することすらままならない状態の現状。
書き出し作業なんて実時間尺のおよそ5倍かかるので編集完了してエンコーディングしてUPするまでに1晩かかってしまいます。
もちろんプレビューも再生されないので編集ミスなども気付きずらい状態での作業でした。

ゲーミングPCへの買い替えとも考えたのですがコスパが非常に悪く
予算の都合上アウトでした。
代案としてMini-ITXの小型デスクトップPCを自作することになったのです。

自作では初めてのAMD
このたびインテルの性能を脅かすほどの進化ということで購入
しかし、クーラーの交換時、CPUがクーラーごとマザーボードから
抜けてしまうという「すっぽん」という事故が起きると聞く
ロック解除してない状態でCPUが抜けてしまうと最悪の場合
爪が曲がり使用不能になってしまう危険があるとのこと。
原因は純正グリスの粘着が問題のようなので
社外のグリスに塗り替えるだけらしいのでついでだから
冷却性能が高いグリスをチョイスして塗布しようかと思いました。

純正のリテールクーラーに粘着力の高いグリスが初めから塗布されてます。

自動車の整備で大活躍のブレーキクリーナーでグリスを拭き取ります。

MX-4というグリスを使います。

柔らかく塗りやすいタイプです。ヘラで延ばさず中央に盛ります。

HDDを使用していないので高速起動を実現しました。

マチの広いトートバッグにすっぽりと収まります。

これで持ち運びも簡単!車に積んで地方で編集も可能です!

最後に部品構成です!ご参考までに!
ケース:RAIJINTEK METIS PLUS


CPU:ryzen5 3600

マザー:X570 I AORUS PRO WIFI

電源:ANTEC NeoECO Gold NE550G

メモリ:gskill_tridentz-rgb 16×2 DDR4-3200

SSD:WD Blue 3D NAND SATA 1TB

ビデオ:INNO3D GEFORCE GTX 1650
リンクはエルザ製

SONY a6400 x FeiyuTech G6Plus 自撮り歩き

SONYのα6400は本体内手ブレ補正が付いていません。
これは自撮りをするYouTuberにとっては大きな問題です。
ではその手ブレを解消するためにどのような機材を使ったら良いのか実験です。
FeiyuTechのG6Pliusというジンバルに乗せて歩きながら自撮りをしてみました。
夜の屋外、街頭の灯りのみという環境でどのくらい、どのような感じで映るのかを
ご確認ください。まだまだ自分も実験段階でこのようなテストケースの撮影を続けたいと思います。

【工場夜景】JXTGエネルギー室蘭製造所 March, 2019

北海道室蘭市にあるJXTGエネルギー室蘭製造所。
2019年3月でその役目を終え順次縮小し
この工場夜景も見れなくなるという話を聞いたので
この姿を自らの手で記録に残そうと思い撮影。
普段は人物しか撮ってないので風景は非常に難しい
しかしこの景色に魅了されプライベートの撮影にも
力を入れ始めたのはいいキッカケとなった。
2019年の3月まで製造所は可動し同年7月まではこの灯りも
ついているという情報ですが、先のことは勤務している方も
わからないのが現状みたい。

先日購入したSONYのa6400を使い撮影。
4K画質で撮影するも編集用のPCの処理が難しく4Kのままの編集や
アップロードができずFullHDでの公開になったが素材は残しているので
新たな編集環境ができた際には再編集をしたいと思う。

7月までまだチャンスもあるので追加の撮影にも赴きたいと考えます。