フォグランプをつけたものの・・・

最近では「軽トラハウス」なるものに住んでアウトドアを謳歌する方々も居るようで。

コチラもいたって真面目に独自の道を歩んでおります。
半年前にフォグが安く手に入ったので取り付け。
しかし仕事が忙しくそのままの状態で極寒の冬へ突入
当然、真冬の間、屋外での作業は出来ず気付けば春。

半年たって1度も光を放つことなくフォグは外されこのネタは葬り去られました。

撮影したけど実際にネタにならない事も多数あります。

ハブベアリング交換

ずっと後輪ゴーゴー言わせながら走ってました。
収録時、ハイゼットカーゴの車検準備やGW前で仕事が立込んで若干テンパッておりました。
チョット時間が経ちやっと編集が出来ました。

今回もT社長のボヤキ全開で作業の様子でございます!

2014年に軽トラがウチに来て丸3年。
まさかこんなに長く乗ってるとは・・・・
てか、こんなにイジることになるとは・・・
そしてこんなに軽トラの動画を作る事になるとは・・・
何が起こるか分からないですね(笑)

ペトロカナダというオイル

聞きなじみのない「ペトロカナダ」というブランドのオイル。
色々なエンジンオイルを試しましたがこのブランドは初めて
どの様な特性があるのか楽しみ。

エンジンオイルに求める効果

耐金属磨耗
温度変化による粘度変化の持続性
特に私の扱う車両は過走行車が多い。
そんな中、経費を抑えるためにもエンジンをオーバーホールせずに日常使用に耐えうるポテンシャルを発揮できること。
レース並みの過酷な使用条件でいかにトラブル少なくエンジンのパワーを出すか。

走行内容

最低でも1日、約60Km程度は走行します。

信号機の多いストップ&ゴーを繰り返しが10Km程度
あとは信号も少なく高回転域での連続走行が50Km程続きます。

夏の気温は30度、冬はマイナス20度以上。
1ヶ月でおよそ1500Km程走行します。

被験車両

製造より20年以上経つサンバートラック、
実走行距離は17万Kmオーバー
製造より10年経つハイゼットカーゴ、
実走行は29万Kmオーバー
2台の車にペトロカナダのスプリーム 5W-30を入れ経過を観察。

燃費や性能というより過走行車のフィーリングがいかに変わるかまたコンディションの維持ができるかを重点的にレポート。